重要なお知らせ

Vision

ご挨拶・理念

専門的知識・技術を教授し、誠実で感性豊かな人間性を養い、看護実践者として地域社会に貢献できる人材を育成します。

理事⻑のご挨拶

上福岡高等看護学院は、地域医療に貢献できる有能な看護師の育成を目的に、昭和48年(1973)に地域の先生方と共同で社団法人済仁会により設立され、50年の歴史を有する看護学校です。本学院は首都圏に隣接した立地ながら、静かで落ち着いた環境にあり、働きながら学べるという特色を持っている県内でも数少ない学校です。隣接の上福岡総合病院での実習を通じて、豊かな人間性を養い、看護に必要な知識と技術を習得し、実践力を伴う有能な看護師になることができます。令和にはいり、看護師教育の変化に対応するため、高校卒業後、3年間で看護師の資格が取れる3年課程の専門学校へ発展することとなりました。

「働きながら学ぶこともできる」という特色は維持しつつ、多様な生活スタイルにあわせた新しい形態「午後から授業の全日制」の学校へと生まれ変わりました。医療の原点は「優しさ」です。優しさとはこころと技術の両方に通じます。
患者さんの心に寄り添える優しさをもった看護師、患者さんに対する正しい技術と知識を持った看護師となることを目指して、頑張っていただきたいと思います。今後もさらに看護の教育に心血を注ぎ、看護の道を志す皆様とともに前進、努力を続けて参ります。看護の道を目指す皆様と本学で、お会いできることを心から楽しみにしております。

上福岡高等看護学院 代表理事
医療法人誠壽会 理事⻑
上福岡総合病院 院⻑
井上 達夫

学院⻑のご挨拶

本学院は、これまで准看護師の資格を持つ学生を対象に50年間、看護教育に携わり、多くの看護師を輩出してまいりました。⻑年の伝統は、歴代学院⻑をはじめ講師の諸先生の努力、学生諸君の情熱の賜物であります。

2023年度、本学院は開院50年の大きな節目に新しく再出発し、豊富な教育経験を活かして、資格を有さない学生を幅広く受け入れていきます。高等学校卒業後の学生から社会人に至るまで、働きながら学べるのが大きな特徴です。単に看護技術や知識を学ぶだけではなく、専門的職業人としての教養を高め、温かな心と優しさで患者さんに共感し接することのできる看護専門職を育成することを基本理念としています。本学院とともに皆様の夢を実現していきましょう。

上福岡高等看護学院 学院長(2023年4月就任予定)
恵愛病院 病院⻑
林 隆

教育理念

人間の尊厳を重んじ、専門的知識・技術を土台とした科学的根拠に基づく看護を実践し、地域で生活する対象者の健康をより良い状態へ実現するために保健・医療・福祉と連携・協働して職務を遂行できる看護専門職業人を養成する。

教育目的

本学院は、専門的知識・技術を教授し、誠実で感性豊かな人間性を養い、看護実践者として地域社会に貢献できる人材を育成する。

教育目標

  1. 人々の多様な価値観を認識しよい人間関係を築くことができる。
  2. 人間を総合的にとらえ、あらゆる健康状態や生活の場において科学的根拠に基づく看護を実践することができる。
  3. 看護の役割と責任を自覚し、他職種と連携・協働するための基礎的能力を身につけることができる。
  4. 対象の力を最大限に活かし、その人(家族)らしい生活を営めるよう支援することができる。55.専門職業人として知識・技術を学び続ける力を身につけることができる。
  5. 専門職業人として知識・技術を学び続ける力を身につけることができる。

沿革

昭和48年2月 一般社団法人済仁会によって看護師養成所として、上福岡市に開校
昭和48年4月 上福岡高等看護学院第一回入学式(2年課程3年修業昼間定時制)
平成17年4月 専修学校設置認可(2年課程3年修業)
平成17年4月 文部科学省告示第13号専門士(医療専門課程)認定
平成18年4月 新校舎を現在の地(上福岡総合病院隣地)に建設、移転。1学年あたりの定員を30名を40名に増員
令和4年3月 第47回卒業式のべ1,200人を超える卒業生が巣立ち、各地の医療機関で活躍
令和5年3月 2年課程閉科
令和5年4月 学院設立より50年の節目に新たに3年課程全日制へと生まれ変わる

学院概要

学校名 上福岡高等看護学院
所在地 〒356-0014 埼玉県ふじみ野市福岡新田76-1
設立 1973年(昭和48年)4月
課程名 看護学科3年課程全日制
定員 1学年40名

校歌『おお友よ』

加太こうじ 作詞 / 小林秀雄 作曲

一、
空は明けゆく 薔薇色に
友ようたおう 誓いの歌を
われらは 心よせ合って
まなびと奉仕をひたすらに
今日も悔いなく 清らかに
おお友よ おお友よ

二、
高く輝く 太陽よ
友よ進もう希望を胸に
われらは共に助け合い
悲しみ苦しみ乗り越えて
弱き人らの 力となろう
おお友よ おお友よ

三、
大地の果てに 陽は沈み
夕べのあかり 校舎にともる
我らはねがう やすらぎの
花咲く明日のおとずれを
夢よやがてはまことなれ
おお友よおお友よ